中学受験に勝つ親になるっ!!
中学受験合格のためにアイデアと工夫で成績アップ!明るく中学受験を乗り越える親のためのサイト!!

プロフィール

私は、現在??歳。 几帳面なはずのA型です。
主人はB型。
子供は1人。 私立中学を目指す小5(6年生になりました)のAB型の男の子です。

結婚前は貿易の仕事をしていました。 その後、田舎に帰って英語塾に勤務。
幼児クラスから中3クラスまでを担当して、授業も休み時間も子供たちと楽しく過ごしていました。

色々な個性を持った子供たちは、それぞれ表現の方法も違うし、勉強のわからない場所もそれぞれ違っていて、ひとりひとりの気持ちをつかむのに初めはちょっと大変でした…..特に中学生の女の子。 男の子は素直なんですよね。でも女の子は結構難しいところがあるんです。
(今でも、その子達とは結婚式によばれたりメールのやりとりをしたり仲良くしてますけどね。)

当時の私は、レベルの違う子供たちを飽きさせないで楽しく勉強させることを日々考えてました。あの手この手とやってみました。
その時にいろいろ試行錯誤の結果「子供ってどんな子でもやり方次第で伸びる」ってことを実感しました。
全員が英語が得意になって自信を持ってくれたこと…….. 「子供は無限の可能性を秘めてる….ってことはこのことなのね」と、しみじみ思ったんです。

結婚する為に塾をやめて東京に来ました。
しばらくは2人でいたい……と思っていたらハネムーンベイビーが………これはピラミッドパワーかも……..。
旅行はエジプト、ギリシャだったんです。

妊娠中にはマタニティモーツァルトを聴いたり、英語の歌を聴いたりと、その時に流行っている事はいろいろやってみました。 無事に玉のような男の子が生まれて、一般に言う教育ママとはちょっと違いますが、愛情をたっぷり注いでいるつもりです。

小2くらいまで、寝るときには本を読み聞かせていました。  その後は自分で読むようになったので、というか読んでるうちに私のほうが眠くなってしまってわけのわからないことを読んだりしたので、「本を読んで」と言われなくなってしまったのでした。(笑)
そのかいあって(?)、子供は本好きの子に育ちました。 子育ての一部分が成功した気分です。

小3の後半にちょっとしたキッカケで中学受験することになってしまいました。
「よ~し、勉強をみてあげなきゃ!」
でも、英語塾に勤めていたときの先輩の先生が言ってたっけ。 「自分の子供は、母親は教えられないわよ~」って………。
「そんなことはない、私にはできる!」って思ったけど、やっぱり言われた通りでした。
他人の子には忍耐強く教えられるけど、わが子は別。 ど~しても感情が入ってしまって。(笑)

ん~~~…………。
なるべく笑顔で過ごしたい…………..。
わが子が自分で選択した道だから私もできることはサポートしてあげよう!…..と、なんとか頑張っています。


このサイトを始めたキッカケは……….

たまたま塾のダイレクトメールに「テストの成績の優秀者にはゲームソフトをプレゼント!」……なんて言葉が息子の目にとまってしまいました。 「テスト受けるっ!」って目を輝かせる息子に「全員がもらえるわけじゃなくて一番できた人にしかもらえないんだよ……」って言っても「受けてみる」と言い張る息子。 とりあえず受けさせてみました。 結果はもちろんもらえず…….。

ところが…….「楽しかった~」??…..テストなのに楽しい??………ん~理解不可能。
「塾に入りたい」って言い始めました。 本人が行きたいっていうなら行かせようか~っていう軽いノリでした。中学受験専門の塾だとは知らずに入会してしまいました。 そこからが大変なことに………。 あれ、なんか世界が違う。 でも足を踏み入れてしまったから、後には引けない………これはやるしかないか~…………..。

こんな世界があるなんて……ってことで、中学受験に関する情報集め、中学受験を終えたお母さん達に話を聞いたり、ただただ、わが子の為に何ができるかを日々探し求めて奮闘中。
もともと、とっても信じやすい性格なので「良い」と言われたことは即実行。

本音を言うと、私の周りのお母さん方の話だけではなく、「もっとほかのお母さん方はどうしてるんだろうな~?」…..という事と、「インターネットを使ってバンバン情報交換出来たらいいなあ~…..」っていうのもキッカケの一つです…………。

とにかく明るく中学受験を乗り越えたいと思っていました。
ただ乗り越えるだけじゃなくて……もちろん目標は……..合格させること!!


このサイトを始めて約1年半になります。
そして、今年2006年、念願の合格証をいただきました。

goukaku

この受験を通じて、息子だけでなく私もちょっとだけ成長したかなあ….って思ってます。

たしかに、私立中学の受験は、親も子どもも大変です。
ですが、こうして振り返ってみると、とてもすばらしい経験をさせていただいたことに感謝です。

このサイトを通じて、
中学受験を目指すお子さんをお持ちのお母さん方に少しでもお役に立てればうれしく思います。

……2006年3月


そして、月日は流れ........
今ではまめぞうも国立大の工学部4年生。
院試免除というご褒美もいただき、今は卒論に向けて奮闘中?です。

……2015年7月、あずき

friend