中学受験に勝つ親になるっ!!
中学受験合格のためにアイデアと工夫で成績アップ!明るく中学受験を乗り越える親のためのサイト!!

#62 小学生の反抗期!?

反抗的でなかなか勉強しないで困る・・・という方も多いですよね。

でも、小学生だから、まだ良いですよ?

これが、中学生だったら・・・ま???大変です。

まめぞうの友達も高校受験を控えた子がいますが、ちょうど、反抗期。

親の言うことなど聞かない、聞かない。

まだ小学生の反抗期の方が、かわいいもんです。
扱いやすいし、まだ、おだて
も効くし、勉強も手伝ってあげられる。何かしら手助けしてあげられます。

中3じゃ?おだてても、子どもだまし的にとられて、無理。

中学受験すれば良かった?と嘆いていました。

小学生の反抗期と中学生の反抗期は大きな違いがあるそうです。

中学生=思春期の反抗期は何にでも反発を感じますよね。

でも、小学生の反抗は大人の付き合い方次第でいい方向に変えてやることがで
きるそうです。コミュニケーションの取り方ですね。

「ダメ」とか「・・・しなさい」とか命令口調で言ってしまうと、ますます
反抗が強くなるだけですよね。

まずは、子供の良さを認めてあげること。

そして、子供の言うことに耳を傾けること、じっくりと聴いてあげる。

十四の心で耳を傾けるんですよ?と塾の先生が言ってましたね?

反抗できるってことは、活発であるということ、元気がよいということ。

自立心があるということ。

自立心がプラスに働いて、良い方向に発揮されていきます。

親に従わないことがあったり、自分の意見をぶつけていく子供を、私たち大人
はただ反抗的だと頭から決めつけてしまいますよね。

でも、小学生=思春期以前で反抗的な子どもというのは、自分の考えをしっか
りもっているわけで、けっして悪いことではないんですって。

その子の元気さや考え方を認めてあげて、上手につきあうようにすれば、子供
のやる気も違ってくるし、リーダーシップなど、いい面をどんどん引き出して
やることもできるそうですよ?。

まずは、「・・・しなさい」の命令口調を変えてみましょう。

「お母さんはこう思うんだよね?こうした方がいいと思うな?」とか、言い方
を変えてみて。

命令はやめて意見を言っていきましょう。

意見だったら、どんどん言ってもOKですよ。

「?してくれるとうれしいな?」っていう言い方には、子どもは弱いはず。

もちろん、危険なこと、人に迷惑をかけることなどは、命令口調でビシッと言
わなきゃだめですけどね。それ以外は極力、命令口調はやめましょう。

子どもが、自分で考えて、選択する機会を与えてあげるとGOODですよ。

review
#61

top