中学受験に勝つ親になるっ!!
中学受験合格のためにアイデアと工夫で成績アップ!明るく中学受験を乗り越える親のためのサイト!!

#28 理科は・・・

やっとスペースシャトル、ディスカバリーが無事に打ち上げられました。

感動でした!野口さんの夢が実現されましたね?!

・・・でも最近、心配な報道も・・・
無事に元気に帰ってくることを祈らずにはいられません。

まめぞうも息をのんで、カウントダウンを見守っていました。

野口さんに「まめぞうくんへ・・・」とサインをもらっていたので、他人事で
はなかったのでしょう。これで天体に興味を持ってくれたら・・・との密かな
願いがあったのですが・・・全然届かず・・・天体が苦手なまめぞうです。

ん?理科は好きだけど、天体はきらい・・・(はっきり言わないで!!)

ど?してよ?博物館やら、科学館やら、たくさん連れて行ったでしょ?
って叫びたくなる私ですが・・・

そ?いえば天体のところは素通りだったような・・・ガクリ!

理科は「天体」「電気」「力学」が苦手意識を持つ子が多いらしいですね。

意外と基本のきまりを把握していないことが原因だったりするそうです。

そう言われれば・・・まめぞうもこのきまりわかってるよね??って事があっ
て、ここの単元はこれがポイントだよ?お?いって叫んでしまったっけ(笑)

・「天体のきまり」・・北の空では、星は1時間に反時計回りに15度移動するなど

・「電気のきまり」・・豆電球のつなぎ方と明るさのきまりなど

・「力学のきまり」・・てこの重さを考える時のきまりなど

これらを夏休みの間にしっかり覚えているかチェックしてみましょう。

そして、これらのきまりをちゃんと活用して問題を解けるか・・・
(得意な子は必要ないですよ?)

理科には、算数や社会の要素も入っていたりするので、苦手意識を持たれるこ
とが多いそうです。でもケアレスミスさえを防げば、ずっと取り組みやすくな
るんですって。ちょっとしたミスが答えを導くのを邪魔しているだけでなく、
理科嫌いの原因になってしまうそうですよ。

問題文の中に「ア、イ、ウ」とか「あ、い、う」とか「1、2、3」とか・・
たくさん記号が出てくる場合、ミスをしやすいんですよね?。
(まめぞうはこの手のミスは得意中の得意です!(笑)

解答しなければならない記号をきちんと頭に入れておかなければなりません。

答えを書く前に確かめること。

グラフの読み取りや計算問題の単位にも注意、1目盛りが1なのか何なのかを
確かめること。

天体の動きや電流などは頭で考えると複雑になってしまうので、図を書く、
そこに数字を書き込むこと。

図を書けない場合は基本事項の理解不足かも・・・・だそうですよ?

苦手な単元を克服させましょうね?
(私も苦手だったりして・・(笑)

review
#27

top

next
#29