中学受験に勝つ親になるっ!!
中学受験合格のためにアイデアと工夫で成績アップ!明るく中学受験を乗り越える親のためのサイト!!

#13 プラスの暗示をかける

成績アップのかぎは・・

プラス要素のたくさんある環境に子どもをおいてあげることが大切です・・・
っていうお話を以前にしました。
その為には親がプラスの言葉をたくさんかけてあげてくださいね・・・って・

その後、いかがでしょうか?

何気ないひとことが、その子の一生を左右することはけっしてまれではありま
せん。
ましてや、そのひとことが親から発せられたとなると、その影響力はより強く
なります。

将棋の升田幸三さんのお話・・・

お母さんが幸三さんに向かって「末は大物だ、将軍だ」と始終言い続けていた
そうです。「おかげで、私もついそんな気分にさせられてしまったものです。
何をしなくとも、このまま将軍になれると思ったんですよ。」
その言葉どおり、升田さんは将棋の世界で、「将軍」になりました。このよう
なエピソードは世の中にたくさんあります。

世の中で偉人と称される類の人は、たいていが子どもの頃、親から「おまえは
頭がいい」「将来偉くなる」と繰り返し言い聞かされた経験をもっています。

これは、心理学で言う「暗示効果」の一つだそうですが、子どもに自信を持た
せるには、プラスの暗示効果を与えてやることが、とても大切です。

何でもいいから「勉強したらできた」体験をさせる。それによって自分でもや
ればできる、できるようになる能力があると思い込ませ、プラスの暗示にかけ
てしまいましょう。

まめぞうは地理が苦手で「ぼくは地理ができない!」って自信をもって?言っ
ていました。これはまずい!と思った私は「地理なんか覚えれば誰だってでき
るよ。頑張って覚えてみれば?できないわけがない。」
「頑張って勉強してみようよ?」なんて言ったところ、いつもより頑張って覚
えていました。その結果テストでなんと満点をとりました。いつも足を引っ張
っていた地理が・・・

まめぞうは「勉強すればできるんだ?」って自信たっぷりの笑み。

そうそう、誰だって勉強すればできるのです。

(でも覚えてなきゃ点数はとれないって事はよ?くわかってるみたいです。)
(笑)

苦手、出来ない・・・って思っていたら出来ないのは当たり前。やればできる
ことを体験させれば今までの自分のからをやぶって大きな力を発揮するでしょ
う。

「やればできる!」「できないはずがない!」って暗示をかけちゃいましょう。

暗示にかかったらしめたもの・・・すばらしい力を発揮するはずですよ。

review
#12

top

next
#14